一重まぶたが引け目に感じる

一重まぶたは、厚みがあり腫れぼったく見えることがあります。自分の顔の中で、一重まぶたが引け目に感じるという人は意外と多いようです。一重まぶたに比べて二重まぶたの場合は、溝がある分だけ皮膚がたるんでしまいにくく、目をパッチリと開けることができます。

二重まぶたにする専用の道具を使って、毎日、一重まぶたを、二重まぶたにしているという方も大勢います。二重まぶた専用の接着剤をまぶたに塗り、添付の道具を使って皮膚に折り目をつけることで、まぶたを固めるというやり方もよく使われています。

自力でできる二重まぶたのなり方ですが、簡単に二重まぶたになれる半面、顔を洗うと元通りに一重まぶたになってしまうという欠点があります。しかし、毎日あきらめずに繰り返し行っていると、徐々に溝のある状態で定着してきます。

継続して二重まぶたになるように皮膚にラインをつけていると、だんだんとそれが自然になってくるのです。多くの人が実践している方法ですが、全ての人が二重になれるという訳ではありません。自前のまぶたが厚いと、毎日アイプチをしても、溝ができなかったりします。

もしも、家庭で行う二重まぶたになれる方法が効果を発揮しない場合は、エステの切開法や、埋没法のような美容整形に挑戦してみましょう。最近は手軽に利用できるプチ整形が人気で、施術時間も15分程度で、皮膚を切らずに二重まぶたにできます。

 

目の下のくまを治す