主婦OKのキャッシング

今すぐにでもお金が必要だけど、主婦なので審査に通りにくいという人にとって、主婦OKのキャッシングは大歓迎です。

昔は、正規雇用で働いていて、毎月の給与が保証されているような人しか、キャッシングは不可能でした。キャッシングサービスはニーズと共に多様化しており、主婦のような収入が無い人でも利用できるようになってきました。けれども、もしも主婦がキャッシングの申し込み手続きをしたいなら、あらかじめ準備しておきたいことがあります。

今のところ、日本国内でキャッシングサービスを利用するに当たっては、年収の3分の1までが融資可能であるという、総量規制という法律が存在します。

家庭の主婦でも、非正規雇用の状態で仕事をしている人も少なくないですが、専業主婦がキャッシングを利用したいと思っても、収入がなければ総量規制の関係で審査に通りません。

配偶者貸付制度を利用することで、自身の収入がない専業主婦でも、キャッシングの申し込みをすることができます。申し込み者の配偶者が同意することで利用できる制度であり、配偶者の収入の3分の1までの金額を、申し込み者が融資可能になるという仕組みです。

銀行のカードキャッシングは、総量規制対象外になるので、融資額が低ければ収入証明書なども特に必要ありません。希望額によっては、銀行ならば融資も可能かもしれませんが、それでも世帯の収入があることが基準になることがあります。

融資の申し込みをする時には、他の金融機関からの借り入れを可能な限りなくしておくことや、書類は性格に記載することが大事です。申し込み書類を正しく作成し、必要な書類をちゃんと揃えて出すことで、返済能力を持っているかどうかを見極める手がかりになります。

 

女性任意整理相談